妊娠後期における葉酸摂取について。

キレイとトリミング > 葉酸サプリ > 妊娠後期における葉酸摂取について。

妊娠後期における葉酸摂取について。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。

 

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

 

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそのような事はありません。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。友達の話ですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、よく漢方を飲んでいたと思います。その子によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

 

漢方であれば、妊娠中でも安全に服用できると思います。

 

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、良かったと思っています。

 

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

 

亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

 

女性のみならず妊活中の男性にも効果があります。

 

それは、亜鉛の摂取によって精子が活性化することをサポートしてくれるのです。

 

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

 

ぜひご夫婦で亜鉛摂取をすすめてみてください。

 

ベビ待ち女性におすすめの妊活サプリ

 



関連記事

  1. 妊娠後期における葉酸摂取について。
  2. 葉酸のサプリって妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になる?
  3. 葉酸は男性も飲んだほうがいいの?